テーマ別銘柄 株式投資の裏技 儲かる株式キーワード「未来のテーマ」はCAMBRIC 「キャンブリック」に投資せよ

テーマ別銘柄 株式投資の裏技 儲かる株式キーワード「未来のテーマ」はCAMBRIC
「キャンブリック」に投資せよ

こんにちわみやびです。今回は株式投資の裏技 儲かる
株式キーワード「未来のテーマ」はCAMBRIC「キャンブリック」
に投資せよ。について書きたいと思います。

① CAMBRIC「キャンブリック」とは?

Cloud Computind
クラウドコンピューティング

データを自分のパソコンや停滞端末などではなく
インターネット上のサーバーに保存する使い方や
サービスの事

Artificial Intelligence(AI)
人工知能

人工知能(AI)とは「考える」という目に見えない
活動を対象とする研究分野。定型業務の代替から
非定型業務業務の代替へと進化しつつあります。

人工知能(artificial intelligence: AI)
という用語が造られたのは1956年のことですが、
データ量の増大、アルゴリズムの高度化、
コンピューティング性能やストレージ技術の発展と
いった近年の動向により、近年AIという略語は
いっそう広く知られるようになっています。

今後人間の仕事がAIにとって代わられる時代が来ます。




Mobility
自動車

ガソリン車、ディーゼル車などの世界的な環境規制
の強化を背景に、電気自動車(以下 EV)の拡大が
予想される
Big Data
ビッグデータ

IoT(情報通信技術)の進展により生成・収集・蓄積
が可能になった多種多量のデータを活用することで
異変の察知や近未来の予測をする。

Robotics
ロボティクス

モーターやCPU、GPUなどの性能向上、クラウドやAI
との組み合わせにより自律性を持ったスマートロボット
が人間と協働

IoT(あらゆるものがインターネットにつながる)
アイオーティ

IoT(Internet of Things = 物のインターネット化)
パソコンや携帯電話、スマホだけじゃなく
冷蔵庫、自動車、住宅、時計、眼鏡、などあらゆるもの
がインターネットにつながること

Cyber Security
サイバーセキュリティ

サイバー攻撃に対する防御行為。コンピュータへの
不正アクセス、不正侵入、情報漏洩などがされないように
安全を確保すること。




② 政府も本気で推進する新産業構造ビジョン

今、政府が最も力を入れているビジネス改革が、「新産業構造ビジョン」
いわゆる「第四次産業革命」というものです。産業革命といえば、18世紀
末以降の水力や蒸気機関による工場機会化の「第一次産業革命」、20世紀
初頭の電力を用いた大量生産の「第二次産業革命」1970年代からの電子工学
や情報技術を用いたオートメーション化の「第三次産業革命」がありますが
それに続くものとして、ビッグデータやIoT、AI(人口知能)ロボットなどの
技術を用いて新たな付加価値が生まれる物を「第四次産業革命」として定義
して進められています。

データ解析・利用による新たな付加価値が生まれつつある、そのキーワード
につながる技術はCAMBRIC「キャンブリック」の7分野といえるでしょう。
いかがでしたか今回はCAMBRIC「キャンブリック」について書きました
次回は「働き方改革」政府が注目する「人材関連テーマ」は熱い
と題して人材関連銘柄の今後急上昇しそうな銘柄について書きます。

ライターみやびでした。

関連記事

☆ 2019年中に楽天がドローン配送国内初、来年度中に普及へ官民の協力が不可欠

スマホで簡単 テーマ投資アプリFOLIO(フォリオ)激熱テーマを選んで 関連株に小額投資で、稼ぐ

「新事業テーマ」ワークマンプラスは急上昇株今後の展開が楽しみ

「訪日外国人」東京五輪や大阪万博のインバウンド消費を狙う

「カーシェア」数年で会員数が激増中ますます普及が進む

「ルネサンス」株に注目、東京五輪前後にスポーツ需要高まる

「働き方改革」政府が注目する「人材関連テーマ」は熱い

「eマーケティング」の注目銘柄はこれ!

「事業継承」小規模M&Aや早期継承サポートに注目

「産業用ロボット」エレクトロニクス市場の株が急成長

「クラウド関連」継承率の高いクラウドビジネス
右肩上がりの成長株

「バイオ関連」高齢化社会で注目度が長期的にアップ