外国人労働者50万人うけいれて起こる不都合な日本の真実6つ みやびの一人ネット副業で会社だけに頼らずに収入を得る方法


外国人労働者50万人うけいれて起こる不都合な日本の真実6つ みやびの一人ネット副業で会社だけに頼らずに収入を得る方法

こんばんわ。みやびです。今回は、外国人労働者50万人うけいれて起こる不都合な日本の真実6つについて書きたいと思います。
ニュースを見ていたら驚きを隠せない内容が飛んできました。今は、外国人労働者の法案でもちきりの最中に、追加形で、こんなコメントが発表されました。

「2025年までに日本政府は外国人労働者50万人うけいれる」

とうとう、僕はPCを触る機会が多いのでその感覚で言うと、「PCがフリーズして変なコマンドでも走って、間違えてウイルスでも呼んでしまったのかな~?」と思ってしまう感じです。ウイルスを外国人労働者のことに置き換えて言うのは酷すぎて、外国人労働者に申し訳ないのでが、ここは、ニュースの内容から言って、「PC=外国人労働者・日本政府=ウイルス」という風に、逆転な感じになっていると思います。どう見ても日本政府がウイルスにしか見えてきませんし、政府は、移民国の状況などの政策の結果を見て学んでいないとしか見えないです。移民国で有名なのは、フランス・ロシアです。その二国を見ていて6つの問題点があるのを忘れているのではないのかと思いますので書きたいと思います。




1.「日本政府は外国人労働者50万人うけいれる」についてどう思いますか?
ここでは、外国人労働者50万人うけいれるについてどう思います?という話です。でも簡潔にまとめてしまいそうです。理由は、50万人受け入れても、外国人労働者の問題は増える一方だし、日本人の就職不足が起こるということです。つまり、今政府が言っている法案の成立しても、50万人も受け入れたら、変わりないということです。簡単な言葉でまとめていますがこれしかないかと思います。そして、この外国人労働者の大量受け入れ議論については10年前からあるそうですが、10年前から変わらず、進歩しなずに10年間無駄な議論を政府はしているのです。
2. 移民を受入れで起こる問題とは?
移民に関してでは、いま日本で深刻になっている少子化対策になるという政治家がいるそうです。つまり、「移民を受け入れること」です。若い子ばかりを、日本に向かえて、そして結婚させるあわよくば仕事もしてくれる、そうすれば経済が回ると考えている政治家の人がいて、政治家の人が最後に、必ず言うのが、「欧米もやっているでしょ?」といいます。
ですが、よく考えてください。移民を推進してやっている、フランスやロシアでは素直にうまくいっているのでしょうか?フランスでは、パリ郊外でもいつどこでも今なら紛争というよりテロが起こってもおかしくない状態です。ロシアでは、移民殺害が起きているようです。これを見ても、もう10年以上は、フランス・ロシア両方ともこの状態が続いています。
3. 日常で起こる移民問題
先ほどの続きになりますが、日常で起こる移民問題ですが、移民国では、テロや移民殺害が普通に起きています。そして、仕事といえば、自国の人がやりたくない仕事をやらせるというのが、もうかれこれ、10年は続いているというのは先ほどと比べっても変わらないかと思います。日本の政治家たちは、これをまねようとしているのが現状です。果たして、これをマネしたらどうなるのかわかっているのかの真意を聞いてみたいものです。
4. 移民受入れで日本に起こる問題とは?
移民を受け入れて、日本で起きる問題点を一文にまとめてみました。

1. 日本人失業者の増加と賃金水準の低下
2. 差別意識の上昇
3. 民族主義の高まり
4. 生産性の停滞
5. 移民のマフィア化
6. 治安の悪化




当然と言えば当然の内容です。特に差別意識やマフィア化は、昔からどこでもある話なので、すぐにでも起きる話かと思います。生産性の停滞は、移民に任せられないなら、ロボットにという感じですが、僕的な意見では、ロボットでも同じ結果だと思います。
5. 移民の問題点をなくすにはどうすればいいのか?
「日本人がやりたがらない仕事は、貧しくて安く雇える外国人にやらせればいい」「人手不足の分野は外国人を入れればいい」この二つの発想をなくせば解決できます。これだけで当面はいいかと思います。簡単な風に書いてありますが、意外とこれは難しいのです。
6.外国と同じ失敗に向けて向かっている。
今回のことからでもわかる通り、10年前から外国でも「外国人労働者」の問題というのは変わっていないのです。それなのにもかかわらずに、日本の今の政治家や安倍総理は、その失敗にかじを取ろうとしているように見えています。「自国の人が嫌がる仕事を、外国人に!」という差別的意識がある限り、この問題はなくならないと思います。人を増やそうと、問題は減るのではなく増えるだけだと思います。このことを分かる日が早く来ることを僕は強く願います。

みなさんは、これらの記事を読んでどう思われましたでしょうか?外国人労働者受け入れで、外国人の給料を安くするのが間違いない事実ですし、そうなれば日本人労働者の賃金も安くなります。派遣労働者なんかは最も被害をこうむります。水道法改正も消費税10パーセントも実質私たちのお財布からの出費が増える要素になります。会社だけに依存していては大変な時代になります。僕が推奨するのは、初期コストがほとんどかからない、インターネットを活用したビジネスがおすすめです。ぜひ、一人でネット副業で会社だけに頼らずに収入を得る方法を考えてみてください。

ネット副業の種類を紹介します。

Amazonマーケットプレイス
Amazon中国輸入
Amazon e-bay
Amazon せどり
YouTube
ブログ
メルカリ
Twitter
Facebook
ヤフオク
楽天

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。