外国人労働者受け入れ拡大における入管難民法(入管法改正案)衆議院通過しました。虎ノ門ニュースでも警鐘 一人でネット副業、YouTubeやブログ Amazonせどりで稼ぎ、会社に依存せずに収入を得る方法


外国人労働者受け入れ拡大における入管難民法(入管法改正案)衆議院通過しました。虎ノ門ニュースでも警鐘 一人でネット副業、YouTubeやブログ Amazonせどりで稼ぎ、会社に依存せずに収入を得る方法。

こんばんわ、みやびです今朝ネット番組でいつも真相深入り虎ノ門ニュースをいつも見ていまして、興味深いお話をされておられました。ケントギルバートさんと上念司さんが本日のゲストコメンテーターで出演されていましたが、やっぱり入管改正案が強行採決され参議院にバトンが移されたことに警鐘を鳴らしておられました。




上念司さんが指摘していたことは、外国人労働者を受け入れて消費税を10%に上げて一番喜ぶのは誰か?それは、経団連などに所属する大手の大企業と財務省、岩盤規制に胡坐をかき既得権益の甘い汁を吸い続ける一部の輩たちです。

まず10%に消費税が上がると法人税が安くなるというカラクリ。10%で冷え込んだ消費を補うために外国人を安い賃金で働かせる事で当然日本人の給料も安くできることもくろんでいるということ。人手が足りないという嘘の情報をばらまくマスコミは40代以上の失業者や出産後に仕事に復帰できない女性の事や中年ニートがたくさんいるっていうことを隠し続けます。マスコミと大手企業 財務省などは完全にグルになっています。というようなことを話されていました。

一方ケントグルバートさんのご意見は、外国人労働者を実質の移民として日本人と同じ人権や権利を与えなければならない。外国人は奴隷ではない。と憤慨されていました。僕も彼らの意見にまったく共感します。技能実習生の失踪問題や在留資格のビザの申請にも不備がたくさんあります。政府はその不備なことを隠して強引に入管法改正案を強行採決してしまいました。



みなさんは、これらの記事を読んでどう思われましたでしょうか?外国人労働者受け入れで、外国人の給料を安くするのが間違いない事実ですし、そうなれば日本人労働者の賃金も安くなります。派遣労働者なんかは最も被害をこうむります。水道法改正も消費税10パーセントも実質私たちのお財布からの出費が増える要素になります。会社だけに依存していては大変な時代になります。僕が推奨するのは、初期コストがほとんどかからない、インターネットを活用したビジネスがおすすめです。ぜひ、一人でネット副業で会社だけに頼らずに収入を得る方法を考えてみてください。

ネット副業の種類を紹介します。

Amazonマーケットプレイス
Amazon中国輸入
Amazon e-bay
Amazon せどり
YouTube
ブログ
メルカリ
Twitter
Facebook
ヤフオク
楽天

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。