外国人労働者受け入れ職種ってどれだけ拡大するのか?一人ネット副業で会社に頼らずに収入を得る方法


外国人労働者受け入れ職種ってどれだけ拡大するのか?一人ネット副業で会社に頼らずに収入を得る方法

皆さんこんにちわ。本日も外国人労働者受け入れについてその職種がどれだけの範囲に広がるのかについて書きます、あなたの今ついている職種は大丈夫な職種でしょうか?これらに該当する仕事をされている方は外国人労働者を大幅に受け入れることで自分の待遇が脅かされる可能性があると思います。

 

①就労目的で在留が認められる者 124000人

「大卒ホワイトカラー、技術者、外国人特有または特殊な能力を活かした職業」

1「高度に専門的な職業」機械工学の技術者、システムエンジニアなどの高度なエンジニア

2 人文知識・・・企画 営業 経理などの事務職

3 国際業務・・・英会話などの語学教師、通訳、翻訳、デザイナー

4  企業内転勤者・・・

5 技能 ・・・ 外国料理人 外国建築家 宝石加工 パイロット スポーツ指導者

6 教授 ・・・ 大学教授

7 投資・経営 ・・・外資系企業の経営者・管理者

8 法律、会計業務 ・・・弁護士 会計士

9 医療 ・・・医師、歯科医師、看護師、薬剤師、診療放射線技師

10 研究・・・政府関係機関 企業等の研究者

11 教育 ・・・高校 中学校の語学教師

② 身分によって在留する者 約309000人

1 安住者(主に日系人)、永住者、日本人の配偶者など

これらの在留資格は在留中の活動に制限がないため、様々な分野で報酬を受ける活動が可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。