メルカリでもAmazonと同じく本が結構売れます。(みやびのクローン病という難病に負けず、一人でネット副業、YouTubeやブログ Amazonせどりで稼ぎ、会社に依存せずに収入を得る方法。)


メルカリでもAmazonと同じく本が結構売れます。(みやびのクローン病という難病に負けず、一人でネット副業、YouTubeやブログ Amazonせどり メルカリで稼ぎ、会社に依存せずに収入を得る方法。)

みなさんこんばんわ。ブログをはじめて約1月がたちましたが、まだ20記事程度しかありません。100記事とにかく書いてそれからテクニック云々のようです。まずは記事数を上げていかないとどうにもならないようです。一日1記事は少ないですが今はこれが精いっぱいですね。一日3記事、2000文字以上、内部リンク外部リンクとかテクニックありますがまだできません。昨日試しに、Amazonアソシエイトの登録を申請しましたが見事に承認されませんでした。つまり落ちました多分まだ20記事程度ではだめということのようです。そこで今からしばらくは記事をひたすら量産していきます。最初から稼いでやろうとか考えると苦しくなってブログそのものが楽しくなくなってしますので、本末転倒です。僕はギターの弾き語りをしますが、練習一生懸命して人前で歌えるようになるのに3年かかりましたので、ブログも最短で稼ぐとか3か月で稼ぐとか考えずに楽しんでいこうと思っています。




メルカリでもAmazonと同じく本が結構売れます。儲かります

前置きが長くなりました。本日のテーマはメルカリでもアマゾンのマーケットプレイス並みに本が売れ出しているという事実です。つまり儲かるんですよね。多分これ本気でやっている人少ないのではないでしょうか?僕は中古の本をたくさん仕入れてAmazonとメルカリに同時に出品して行っています。今はまだメルカリは出品数少ないですがもっとたくさん出品数を増やす予定です。ユーチューブ、ブログも共通しているのはやはり数を制する者はブログもユーチューブ、も制すということですね。そういった意味ではまだまだ出品数が足りません。明日からガンガン出品してブログも1記事づつ書いていきます。昼間サラリーマンしながらなのでけっこう、ブログやユーチューブを本業にしている人にはかなわないですが、自分のペースで行こうと思います。ブログは1年後に10万以上は稼げるようになりたいです。

アマゾンとメルカリの違い、それぞれのメリットデメリット

アマゾンマーケットプレイスは、売り上げの3割から4割を差し引かれます、その大口出品4900円(要)を払っていない小口出品者の方はその上1冊につき100円差し引かれます。送料が郵便局のゆーめーるが定価なら270円以上します。郵便局に特約価格に契約を結ばないと大赤字になります。これらを見てもかなり価格設定を高くしても利益が少ないです。ただメリットは検索エンジンに上位表示されやすいということで売れやすいです。

メルカリは本の売り上げの10パーセントがメルカリに差し引かれて、あとはコンビニ便で一番安く送ると175円で全国一律送れます。こちらは安く値段設定しても利益が多く残りやすいです。デメリットは通常の検索エンジンで上位表示されにくく売れにくいところですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。




 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。