今、ネットランキング上位のダイエットサプリホワイトチアシード配合グリーンスムージのご紹介をします。  


チアシード 1 チアシード 2

 

ホワイトチアシードのご紹介です。

 

海外セレブも愛用している話題のスーパーチアシードのご紹介をします。オメガ3脂肪酸や必須アミノ酸を含み、さらにおなかの中で膨らむチアシードは近年雑誌や テレビで大きく取り上げられています。

美容に敏感な女性を中心に幅広く認知されています。美容ダイエット部門でもアマゾンランキングで上位を独占しています。

お腹の中で膨張するホワイトチアシード配合のため食事と置き換えても満足感を味わえます。

121種類の植物酵素配合
ビタミン10種の一日摂取量がほぼ一杯で補えます。
高いポリフェノール含有量の「マキベリー」も配合しています。
シェイカーなしで手軽に飲めます。
ほのかな甘さで飲みやすいです。

  • チアシードとは、南米原産のシソ科の植物チアの種子のことで、古来より貴重な食料源、スタミナ源として食されていました。食物繊維をはじめ多彩な栄養を含むうえに、水を含むと約10倍に膨れ上がるため、満足感もサポート。バランスのとれたスリム習慣をサポートするスーパーフードとして注目が高まっている素材です。 栄養パワーがギュッと凝縮されたチアシードを手軽に摂れます。着色料・香料・保存料 無添加

約10倍に膨らむ驚きのグルコマンナンでダイエットをサポートします。

チアシードの最大の特長は豊富に含む食物繊維。水分を含むと種子のまわりがゼリー状になり、約10倍に膨れ上がります。お腹の中で膨らむため、少量で満足感を得やすくなり、ダイエットをサポートします。

チアシードダイエット効果は何?

チアシードにはグルコマンナンという食物繊維が豊富に含まれています

食物繊維には2種類あり、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があるのですが、日本人女性の便秘の主な原因の一つに水溶性食物繊維の不足が挙げられていることから、水溶性食物繊維であるグルコマンナンを摂取することによって便秘の解消に繋がります。

一日にどれくらい食べればいいの?

①1日に食べるチアシードの量は大さじ2~4杯くらいです。

②朝食に食べることで腸内の運動を活発にできるので、チアシードは朝食に食べるようにします。

③おおさじ2~4杯をヨーグルトか牛乳に混ぜることでシリアル食品のように食べることができます。また味噌汁にいれてお問題ないとされます。また、グリーンスムージにして混ぜて飲むとおいしいというお話もあります。水分と一緒に食べた方が効果を引き出せるのでそのまま食べるのはおすすめできません。

④1週間ほど食べ続けるとグルコナンマンが腸内の便をからめとり便意を感じることができるとされています。

チアシードでの便秘解消方法は以上のように行うようにします。

美肌、美容効果!

私達の体を作るのに欠かせない成分であるアミノ酸ですが、体内で合成することのできない必須アミノ酸は食べ物から積極的に摂取する必要があるのですが、チアシードにはその必須アミノ酸が8種類も含まれています。

アミノ酸は内蔵や筋肉を作りますが、実は肌の潤いを保持するコラーゲンもアミノ酸からできています。

そのため、アミノ酸を多く含むチアシードを摂取することで、肌のキメやハリを整え、髪を美しく保つ働きをしてくれます。

 

糖尿病を予防する効果!。

チアシードには、必須脂肪酸の一つであるα-リノレン酸が多く含まれています。

α-リノレン酸は、コレステロールを下げる働きがあるため、高血圧や高脂血症と言ったいわゆる生活習慣病を予防する効果があり、代謝機能も促進することからインスリンの分泌量を抑えることができ、糖尿病の改善や予防に役立つと考えられています。

骨の強化 骨粗鬆症の予防効果!

チアシードのカルシウム含有量は、植物の中ではトップクラスを誇ります。

カルシウムは骨の形成や強化に欠かすことのできない成分ですが、体内への吸収率がよくないため毎日摂取するのが望ましいと言われています。

また、女性の場合は閉経を迎えると女性ホルモンの分泌の低下によって、骨が脆くなりやすくなります。そのためカルシウムが多く含まれるチアシードを摂ることによって、骨粗しょう症の予防にも効果が期待できます。

お申し込みはこちらをクリック
        ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。